読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤染LIFE

自分の世界観を反映する

暗殺教室を劣化ネウロとか言っちゃうんだ、、、

f:id:AksNa:20150219220751j:plain
アニメ化もされ、今や知る人ぞ知る人気(特に2ch)漫画。
実はこの漫画の作者、松井優征先生は現在ではジャンプ本誌にて『暗殺教室』を絶好調連載中です。
この暗殺教室は言うまでもなく知名度が高いと思います。アニメもやってることですし
自分はどちらも好きです。松井優征先生の作風は唯一無二でとても遊び心があって読んでいるこちらは微笑ましくなる。毎週ジャンプを読むたびにクスッとなってしまう。
ネウロが当時連載してた時もやっぱり皆、毎週ジャンプに掲載されているネウロを読んではクスッとなっていたのでは?

さて本題に戻る。よくまとめサイトでは暗殺はネウロよりつまらない。
だとか
ネウロの狂気は何処へいった
だの
暗殺教室ネウロに比べると妙に甘いらしい。
まあ確かにタイトル的に暗殺教室の方がよっぽどアウトに近いししかもそれが松井優征となると確かに拍子抜けするかも........

暗殺とネウロの大きな違いって主人公。
マッハ20で寒いギャグをする殺せんせーに対し、魔人であるネウロはやりたい放題。弾丸に花を咲かせたりイモムシを食って蝶を吐き出したり天井を歩いたりネットに侵入してファイヤーウォールを握り潰したり.......これが毎度なんです

あとあれだ、絵がスッキリしすぎて逆に個性が消えたとか。

他にも色々と違いはあるんだろうけどパッと浮かぶのはこんな感じ。
まあ2chなんておっさんばっかだし
因みにlineQあたりの若い世代にどっちが好きか?と聞いたら殆どが暗殺と答えていてやっぱり世代は違うんだなって改めて思いまし。

でも松井優征のコマにギャグやパロディーを入れる独特の作風はどちらも残っています。ぶっちゃけストーリー云々よりそっちの方が楽しめたりします。
この作風が今の若い世代に受け入られているのはこちらも嬉しいですね(自分も高校生ですが)

ネウロ読んだことない人は是非読んでほしいです。確かにぶっ飛ぶほど面白く、感動もできます。

f:id:AksNa:20150219224608j:plain
ネウロの一コマのひとつ。
そういや期末が2週間後に降臨するんだようなあ。助けてくれ、殺せんせー。